☆五感から考える、リラックスできる浴室作りのポイント

☆Houzz おすすめ記事 ー 家づくりのヒント ー

浴室で心地よく過ごすことは、身体を清めるだけでなく、心を癒し、ストレスを和らげる効果が期待できます。家の中の癒しの場である浴室について、五感から捉えた記事をご紹介いたします。

☆リノベーションとは?リフォームとの違い

☆Houzz おすすめ記事 ー 家づくりのヒント ー

弊社は住宅の新築はもちろん、よりよい生活を送るためのリフォームも得意としております。
特に、介護経験をふまえたからこその介護リフォームには定評があります。

Houzzの記事で弊社事例が紹介されました。

写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます。

  houzz_inform.jpg

■ Houzzの特集記事 ■

Houzzウェブマガジンにて、リフォーム・リノベーションのヒント「在宅介護のためのリフォーム。押さえておきたいポイントと注意点」記事内にて弊社の事例が紹介されました。

Houzz特集記事の詳しい内容は、こちらから

ハウジングスタイル通信 2022年9月号

NewsLetter_blog.jpg

logo_only.jpgハザードマップを手元に

近年、地震に加えて集中豪雨や線状降水帯など、自然災害による被害が甚大化しています。日頃から住んでいる地域の危険性などを確認しておきませんか? その際に役立つのがハザードマップです。
 ハザードマップは、洪水や津波、土砂災害などの被害履歴に基づいて、想定される災害リスクをわかりやすく示した地図。例えば、洪水ハザードマップでは、住んでいる区域ごとに、近隣河川の一般的な降雨データに基づく浸水リスクを、住宅の1階床下・床上・軒下、2階の軒下が浸かるなどの「浸水深」によって色分けしています。土石流災害についてもハザードマップがあり、土石流・急傾斜地の崩壊・地すべり・雪崩の4種類の被害を想定し、危険個所などを黄色から赤色で色分けしています。
 防災マップも手に入れておくと安心です。これには、指定避難所や指定緊急避難場所、防災拠点などをマークで記してあり、自分の住んでいる場所がどこに避難するのかを把握しておきましょう。
 国土交通省のWebサイト「ハザードマップポータルサイト」では、「重ねるハザードマップ」「わがまちハザードマップ」の2種類を提供していて、パソコンからもスマートフォンからも閲覧することができます。
 地図上から直接地域を選ぶか、住所を入力すると、自分の住んでいる場所が画面に表示されます。洪水(想定最大規模、計画規模)・土砂災害・津波・道路防災情報の4つの災害情報別に検索できます。各市町村が発行しているハザードマップも、「わがまちハザードマップ」からアクセスできます。
 ハザードマップで確認することは、①災害リスクを知ること、②指定緊急避難場所を知ること、③通行規制の可能性を知ること――の3つ。ぜひ、いざという時に備えましょう。
(国交省ハザードマップQRコード→)202209_01.jpg


logo_only.jpg家の浸水対策

202209_03.jpg台風や豪雨に加え、線状降水帯の発生などで浸水被害が多発し、ときには甚大な影響を及ぼしています。お住まいの地域で避難勧告が出たら、避難することを前提に行動することが大切です。
 雨が降ってから対策するのは危険。大雨になりそうな予報が出たら、家の養生や避難場所に行く準備、必要なものは2階に上げておきましょう。家の中に水が入らないようにするには土のうを準備することが多いですが、パネルタイプや水で膨らむ吸水タイプの土のうもあります。一度ホームセンターで見てみてください。
気付いたらもう大雨...。そんなときは、綿布団を丸めて玄関ドアの内側にガムテープで貼り付けましょう。
緊急避難的な措置ですが、被災体験からのアイデアです。

logo_only.jpg1台2役の懐中電灯

災害時に最小限備えたいアイテムの1つが懐中電灯。ただ、懐中電灯はスポット照明なので、明るくなるのは照らしている場所のみ。ランタンだと、360度照らすことができるので、テーブルや棚の上に置けば、照明として使えます。202209_04.jpg最近では、懐中電灯とランタンを組み合わせた製品が登場しています。ボタンで切り替えられるものや、筒を引き上げるとランタンになるものなど、いろいろありますので、自分にとって使いやすタイプを選ぶといいでしょう。
湿気などで乾電池が液漏れし、端子が錆びてしまうことがありますので、普段は乾電池を外しておきます。ただし、懐中電灯と乾電池をセットで置いておくことを忘れずに。

☆既存住宅の省エネ。すぐに実践できる8つのアイデア

☆Houzz おすすめ記事 ー エコ・サステナブル ー

限りあるエネルギー資源を節約しながら大切に使う「省エネ」。環境への負担を軽減できるだけでなく、家計の節約にも役立ちます。この記事では、普段の暮らしの中でも実践できる省エネについてご紹介いたします。

☆涼しさを呼ぶ、日本の夏の風物詩17選

☆Houzz おすすめ記事 ー 暮らしのヒント ー

8月になり、いよいよ夏の暑さも本番になってきました。
日本の蒸し暑い夏の日々を少しでも快適に過ごしたいですね。
こちらでは、暮らしの中で涼を感じるような先人の知恵をご紹介します。

☆大切なのは無理のない資金計画!注文住宅にかかる費用の内訳を知ろう

☆Houzz おすすめ記事 ー 家づくりのヒント ー

人生における大きな買い物である家。
家づくりに必要な費用には、どんなものがあるのでしょうか。
こちらに紹介いたします。

ハウジングスタイル通信 2022年7月号

NewsLetter_blog.jpg

logo_only.jpg「かかりつけ薬局」制度をご存じですか?

202207_01.jpg2016年度からスタートした、「かかりつけ薬局・薬剤師」制度を知っていますか? 2021年8月には「地域連携薬局」と「専門医療機関連携薬局」の認定制度が始まり、近所のかかりつけ薬局で、さまざまな病院から処方される薬を一元管理し、飲みすぎを予防したり、病院に減薬などの調整をお願いしてもらったりできるようになりました。
 地域連携薬局は、①地域の診療所や病院と連携し、患者の入退院時に情報交換、②地域包括ケアシステムに関連した会議に参加、③在宅療養中の高齢者宅を訪問し、服薬指導を行う、④高齢者や障がいを持つ人に配慮・利用しやすい建物や設備が整っている
 近所の薬局が、この制度の要件を満たしていると都道府県から認定されることが条件となります。まだ始まったばかりで、認定されている薬局は少ないですが、先に導入されている「かかりつけ薬局・薬剤師」は、少しずつ増えています。具体的に何をしてくれるかというと、①薬の一元的・継続的な把握、②薬の飲み合わせなどのチェック、③薬に関する丁寧な説明と時間外の電話相談、④他の医療関係者との連携、⑤飲み残した薬の整理や調剤後のフォロー、⑥在宅療養が必要になった場合の対応、などです。
 高齢になると持病も増え、いろいろな病院にお世話になり、それぞれの病院で薬が処方されますが、大半の人が病院近くの薬局で調剤してもらうことが多いと思います。薬の過剰服用は副作用といった健康被害の要因にもなりますし、お薬手帳があれば重複している薬を確認できるものの、減薬には再度医師の診療が必要に。近所に頼れる場所があると安心できます。

logo_only.jpgプラスチックゴミの心得

202207_02.jpg最近、スーパーやコンビニエンスストアで、レジ袋に加えてスプーンやフォークも有料になった店があることにお気づきですか? これは、2022年4月からスタートした「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」が影響しています。
 「えらんで、減らして、リサイクル」と、資源循環の観点が強化されたこの法律では、カトラリー類、ヘアブラシや歯ブラシ(ホテルのアメニティ関係)、ハンガーや衣類カバー(クリーニング関係)の使い捨てプラスチック製品12品目を削減する仕組みが設けられました。「いりません」と言うとポイント還元されることもありますので、"使わない、増やさない"を心がけてみませんか。

logo_only.jpg温泉卵が手軽に!

202207_03.jpg料理にコクを加えてくれる温泉卵。100円グッズで便利なものが登場しています。
 容器に卵を割り入れて、つまようじなどで卵黄に4~5カ所穴を空けます。卵全体にかぶるくらい水を入れて、電子レンジ(500W)で約50秒温めるだけ。水切りフタが付いているので、湯切りも簡単です。
 ポイントは、卵を常温に戻しておくことと、水の量。冷えた卵だと温度にムラ
があるため、半熟未満だったり、追加で加熱して硬くなりがちです。
水は、卵がしっかりと覆われる量を入れましょう。もちろんグッズを使わずに、沸騰した湯(火は止めます)に卵を入れて15分ぐらい置いても温泉卵が完成します。この場合も、卵は常温にしておくと失敗しにくいですよ♪

☆家を建てるための流れを知り、上手にスケジュールを立てよう

☆Houzz おすすめ記事 ー 家づくりのヒント ー

どれくらいの期間で家が建つのか・・・
何をすれば良いのか・・・
家が出来上がるまでの大まかなスケジュールをご紹介します。

☆屋根の形にはどういうものがある?種類とその特徴

☆Houzz おすすめ記事 ー 家づくりのヒント ー

雨や風から家を守ってくれる大切な役割を担っていることから、屋根は「家の傘」と言える存在です。
そんな屋根には、いろいろな種類があることをご存じでしょうか?こちらの記事でご紹介いたします。