☆ヒートショックを起こさない家をつくるために知っておきたいこと

☆Houzz おすすめ記事 ー 家づくりのヒント ー

部屋ごとの寒暖差が大きいと血圧に大きな負担をかけることとなり、ヒートショックの発生リスクが高まります。
ヒートショックが原因で亡くなる方の数は、交通事故の死亡者数よりもはるかに多いと推定されています。
日々を健康に安全に過ごすために役立つ記事をこちらで紹介させて頂きます。

ハウジングスタイル通信 2023年01月号

NewsLetter_blog.jpg

logo_only.jpg生前贈与がしやすい制度に見直し

 2022年12月16日にまとまった2023年度与党税制改正大綱は、防衛費増額に向けた増税の話が話題となりましたが、相続税に関連した制度見直しやNISA(少額投資非課税制度)の恒久化など、経済を動かす内容が盛り込まれています。

◇相続税・贈与税制度
 子や孫に資産を渡す時期に左右されない、中立的な制度にするための見直しが示されました。
 生前贈与には、毎年課税される「暦年課税制度」と、相続が発生したときに課税される「相続時精算課税制度」があり、どちらかを選択するようになっています。現状では、暦年課税の場合は毎年110万円までの贈与は非課税、相続時精算課税の場合は合計2,500万円までの範囲なら贈与時点での贈与税は発生しない、という特徴がありました。
 今回の制度見直しでは、
①年110万円の非課税枠を「相続時精算課税」にも適用
 相続発生時に過去の贈与分を相続財産に加算して相続税を精算するため、少額であっても税務署への贈与税の申告を行う必要がありましたが、今回の非課税枠の設定によって年110万円までは申告が不要に。相続発生時の精算についても、110万円を超えた金額を加算します。
②「暦年課税」の加算期間を7年に延長
 非相続人が亡くなる前の贈与分について、相続財産への加算期間を今までの3年から7年に延長します。また、延長される期間(4年間)に受けた贈与のうち100万円までは、相続財産に加算しないことになりました。
 これらの見直しは、2024年1月1日以降の相続税に適用されるとしています。

◇NISA関連
 投資信託に限定した「つみたて枠」(2042年まで/非課税保有期間20年)、国内外上場株に投資する「一般枠」(「成長投資枠」に変更、2023年まで/同5年)ともに、2024年1月から恒久化され、非課税期間も無期限になります。年間投資枠は、「つみたて枠」が120万円、「成長投資枠」は240万円(ともに新規買付額)となり、生涯投資枠は「つみたて枠」は1,800万円、「成長投資枠」は1,200万円(ともに買付残高額)となります。

logo_only.jpg健康を支える住まいの工夫

 高齢者の救急搬送のうち、約8割が「転倒・転落」が原因で、その6割が自宅で起こっています(東京消防庁「救急搬送データ」より)。
 転倒しやすいのは、
202301_01.jpg①室内の段差(1~2㎝)
②すべりやすい床・履物(スリッパやサンダル)
③つまずきやすい敷物(カーペットの端など)
④電気器具類のコード
⑤戸口の踏み段―などがあります。履物や敷物は滑りにくいものに変えて、浴室にはクッション性のあるマットを敷く、コード類にはケーブルカバーを使ってまとめましょう。また椅子類は、立ち上がるときの支えにもなるひじ掛け付きタイプだと安心です。
 手すりを付けるなら、バリアフリー工事等の補助金制度を活用してください。介護保険制度に含まれるものだけでなく、一般のリフォーム工事でもお住まいの自治体に助成制度があることも。ぜひ、弊社にご相談ください!

logo_only.jpgマグネット壁ですっきりと

 レシピを見ながら料理したり、キッチングッズを収納したいとき、キッチンの壁が利用できると便利ですよね。後から貼ることができるマグネットシートを使えば、キッチンツールや調味料、食器用洗剤などを置く収納スペースを作ることができます。
 接着面が粘着性なので、貼りたい場所のサイズに合わせてカットすれば、簡単に貼れる上に、製品によってはペンキを塗ることも可能。マグネットタイプの小物収納グッズは、吸盤タイプよりも固定しやすく、レイアウトも簡単です。シンク周りをスッキリさせたいなら、お勧めです。
202301_02.jpg202301_03.jpg

☆畳店と建築家が教える、子どもと暮らす住まいに畳スペースを設けるメリット

☆Houzz おすすめ記事 ー 家づくりのヒント ー

こちらの記事では、洋式の家のリビングの一角に"畳スペース"を設けるアイデアを紹介させて頂きます。

☆モミの木以外でも!天然の木で楽しむクリスマスツリーのアイデア

☆Houzz おすすめ記事 - クリスマス -

12月になり、あちらこちらでイルミネーションが輝き、クリスマスの雰囲気も高まっています。
室内のインテリアだけでなく、庭木をクリスマスツリーとして楽しみたいという方に、こちらの記事をご紹介いたします。



☆再び注目の太陽光発電を考える

☆Houzz おすすめ記事 - 家を建てる -

東京都が新築住宅への太陽光パネル設置の義務化を目指しているニュースの折に触れ、住宅用の太陽光発電が再び注目を集めています。太陽光発電のメリット、デメリットなども含め、こちらの記事で紹介させて頂きます。

☆玄関ドアはどう選ぶ?その種類と素材、性能

☆Houzz おすすめ記事 ー 家づくりのヒント ー

玄関ドアは家の顔というべき存在です。様々な種類が増え、選択肢が広がったことにより、どんな玄関ドアにしようかと迷われる方も多いのではないでしょうか。
この記事では、玄関ドアにはどのようなものがあるのかをご紹介いたします。

ハウジングスタイル通信 2022年11月号

NewsLetter_blog.jpg

logo_only.jpg冬の節電~制度利用でお得に

今年の夏は電力不足が問題となり、節電要請が出ました。また、資源価格高騰で、電気料金もかなり上がってきていることを背景に、家庭での省エネ促進策として「節電ポイント制度」がスタートしています。電力会社の節電プログラムに参加して節電すると、ポイントがもらえる仕組みで、夏だけでなく冬も対象。今年は12月からスタートしますので、検討してみてはいかがでしょうか。

 同制度は、経済産業省が「電気利用効率化促進対策事業」による支援制度で、今年6月に発表されました。同プログラムに参加するには、
①契約している電力会社が同プログラムに参加していることを確認
 契約している電力会社に電話で問い合わせるか、HPで確認できます。
②12月31日までにプログラム参加を申し込む
 この期限までに申し込むと、参加ポイントとして2,000円相当のポイントが付与されます。
③参加するプログラムを選ぶ
 プログラムは、「月間型」と「指定時型」の2タイプ。月間型は前年同月比3%以上の電気電気使用量の削減、指定時型は節電実施期間(12~3月)のベースラインと比較した電気使用量の削減で、ポイントがもらえます。
ポイントがもらえるのは、②の参加申し込み時、③の節電達成時の2回。②は節電目標が達成されなくてももらえます。
 参加プログラムのタイプは、「月間型」がわかりやすいでしょう。付与されるポイントは月額上限1,000円相当(国)で、電力会社によって変わります。キャンペーン対象期間は2023年1~3月末まで、付与ポイントはTポイントやAmazonギフト券などに交換できたり、電気代の支払いに使うことができます。
 ちなみに、冬にできる節電方法としては(省エネポータルサイトより、カッコ内は年間節約額)、①エアコン設置温度を1度下げる/目安20度(約1,430円)、②冷蔵庫の設定温度を「中」にする(約1,670円)、③温水洗浄便座のふたを閉める(約940円)などがあります。

省エネポータルサイトはこちらから▶202211_01.jpg


logo_only.jpg冬の室内環境を整えましょう。

202211_02.jpg今年の冬は、感染症対策に加えて節電も考えながら暖房をしていくことになりそうですが、室内で寒さを我慢するのは大変です。ちょっとした工夫で、無理なく室内環境を整えましょう!
 室内の暖房・断熱効率を高めるコツは、
①厚手で床まで届く長さのカーテンを使う
②扇風機(またはサーキュレーター)を上向きに運転し、室内の温度ムラを解消
③電気カーペットを使うときは、床との間に断熱マットを敷くなどがあります。

202211_03.jpgまた、エアコンのフィルターは月1~2回は掃除し、室外機もほこりや落ち葉で吸い込み口がふさがれていないかを確認することも忘れずに。それから、暖房でも「30分程度の外出の場合はつけっぱなし」のほうがお得です。ヒーターなどは窓側に置くと、冷気でうまく空気を循環し、結露も付きにくくなりますよ。



logo_only.jpg冬の結露対策に~結露防止スプレー

202211_04.jpg冬の悩みの1つである結露。放置すればカビが発生し、健康被害も心配です。
 結露防止スプレーは、室内側の窓ガラスに吹きかけて膜を作ることで、水滴が流れ落ちることを防止。「結露ができない」わけではありませんが、窓枠のパッキンやレースカーテンなどのカビの発生を抑えます。窓ガラスに結露防止フィルムを貼る方法もありますが、まずは手軽にできる方法を試してみてはいかがでしょう。
 使い方は、窓ガラスを掃除した後にスプレーで吹きかけて乾かすだけ(布やスポンジで伸ばすタイプ、レースカーテンに使えるタイプもあります)。効果は2週間~1カ月と幅があり、いずれも効果が薄れたと感じたら再度塗布することになります。

☆二世帯住宅で失敗しないために考えておきたいこと

☆Houzz おすすめ記事 ー 家づくりのヒント ー

共働きや高齢者人口の増加に伴って、地方だけではなく都心部においても二世帯住宅の価値が見直され、「二世帯住宅」を選択する方が増えていることをご存知でしょうか。親世帯と子世帯がみんな一緒で幸せに暮らせることが実現出来たら、とても幸せなことだと感じます。こちらでは2世帯住宅についての記事をご紹介いたします。

☆五感から考える、リラックスできる浴室作りのポイント

☆Houzz おすすめ記事 ー 家づくりのヒント ー

浴室で心地よく過ごすことは、身体を清めるだけでなく、心を癒し、ストレスを和らげる効果が期待できます。家の中の癒しの場である浴室について、五感から捉えた記事をご紹介いたします。

☆リノベーションとは?リフォームとの違い

☆Houzz おすすめ記事 ー 家づくりのヒント ー

弊社は住宅の新築はもちろん、よりよい生活を送るためのリフォームも得意としております。
特に、介護経験をふまえたからこその介護リフォームには定評があります。