ハウジングスタイル通信 2022年1月号

NewsLetter_blog.jpg

202201_01.jpg 新年、明けましておめでとうございます。
ハウジングスタイル建築設計の新村です。
平素はご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。本年もさらなるサービス向上に向け、気持ちを新たに取り組んでまいりますので、お気づきのことは何なりとお申しつけいただければ幸いです。

logo_only.jpg住宅ローン減税は控除率0.7%に 
<<22年度税制改正大綱>>


 2021年12月10日、2022年度の税制改正の方向性が示される与党税制改正大綱が発表され、生活に密接につながっている住宅ローン減税関連で見直しが行われました。今回は、コロナ禍で低迷した経済の立て直しを見据え、企業の賃上げを促す税制優遇策が中心となっています。

◇住宅ローン減税関係
 大きなポイントは、減税の対象となる入居期限が2021年末から2025年末までと、4年間延長したことと、控除率がこれまでの年末ローン残高の1%から0.7%に引き下げられたことになります。

 これまでは長期で住宅ローンを組んだときに、年末のローン残高の1%分を所得税や住民税から差し引いてきましたが、支払う利息よりも減税額が大きくなる場合があり、住宅購入者が減税によって利益を得たり、その利益を得るために不要な借り入れを行ったりするようなことがありました。今回の控除率引き下げは、その制度の矛盾を解消することが目的です。

 その代わり、新築住宅の減税期間を原則10年間から13年間に延長(中古住宅は10年据え置き)し、所得要件も3,000万円以下から2,000万円以下に引き下げることで、中間所得層でも減税効果が受けやすくなります。

 このほか、減税対象の借入限度額については、住宅の環境性能で4分類しました。省エネルギー性が高い新築住宅を増やし、住宅分野における温暖化対策を推進することが目的で、
2022~2023年に入居した場合、
①長期優良住宅=5,000万円(これまでは5,000万円)、
②ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)=4,500万円(同4,000万円)、
③省エネ基準適合住宅=4,000万円(同4,000万円)となります。
2024~2025年に入居する場合は、
①4,500万円、
②3,500万円、
③3,000万円、
④2,000万円と、いずれも限度額が下がる予定となっています。

◇固定資産税関係
 2021年度は、新型コロナウイルスの影響に伴う特例措置として、すべての土地について負担軽減措置がとられましたが、2022年度は商業地に限って同措置(評価額の2.5%)を継続し、住宅地については終了することになりました。

logo_only.jpgちょっとだけ、簡単な正月のしつらい

202201_02.jpg最近は、お正月だからと大げさなしつらいをすることも少なくなってきました。とはいえ、ちょっとだけでも新年らしい演出もほしいところ。そんなとき、和紙や紙ナプキンを使って雰囲気を出してみませんか?

202201_03.jpg基本の色合わせは赤と白ですが、金・銀色もおススメ。テーブルクロス代わりに、また干支の置物の下に敷いたり、箸置き(細長い紙を一重に結ぶだけ)に和紙を使ったりしても、"特別感"が増します。

 紙なので、おかずや飲み物をこぼしても、すぐに取り換えられるのもポイント。汁物以外のおせち料理や和菓子を食べるときも、お皿に懐紙(普通の和紙をカットすればOK)を敷いておけば、洗い物も最小限度に! 正月ぐらい、洗濯物や洗い物を気にせずにのんびり過ごしたいですね。

logo_only.jpgマイクロファイバーぞうきんでラクラク掃除!

202201_04.jpg 毎年、この時期は年末の大掃除で大変ですよね......。今はいろいろな家庭用洗剤が登場し、汚れも落としやすくなっていますが、あれこれ揃えるのも少し面倒です。

 そこで日々の掃除を楽にする、マイクロファイバーぞうきんを使ってみませんか? 極細の合成繊維でできているため、やわらかく素材を傷つけませんし、洗剤を使わなくてもいろいろな汚れを取ることができます。例えば、キッチンシンクやバスタブは、濡れているときに拭き取るだけで、水あかや皮脂がキレイに取れますし、テレビやパソコンの画面はから拭きすれば、ホコリや油膜がサッと取れます。

 ドラッグストアやホームセンター、100円ショップなどいろいろなところで買えて、値段もお安めです♪

☆「こどもみらい住宅支援事業」が創設されます

staff_blog_banner.jpg

2021年11月26日、令和3年度補正予算案の閣議決定が行われ、国土交通省から「こどもみらい住宅支援事業」の創設が発表されました。

「こどもみらい住宅支援事業」とは、子育て支援及び2050年カーボンニュートラルの実現の観点から、子育て世帯・若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や住宅の省エネ改修等に対して補助することにより、子育て世帯・若者夫婦世帯の住宅取得に伴う負担軽減を図るとともに、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図る事業です。

kodomomirai.jpg

来月から始まる臨時国会で成立したのち施行となります。

こどもみらい住宅支援事業の詳しい内容については こちらから
国土交通省 こどもみらい住宅支援事業

ハウジングスタイル通信 2021年11月号

NewsLetter_blog.jpg

NewsLetter2021_11_02.jpg日に日に秋が深まる季節となりましたが、皆様におかれましては如何お過ごしでしょうか。ハウジングスタイル建築設計の新村です。平素はご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。山の方の紅葉は、地域によってはまだ下の方を残しておりますが、
今は、平地やお庭の紅葉で癒されておられる頃かと思います。
 さて、今回の通信は、感染対策と事前予約でお出かけ等についてです。

logo_only.jpg日常生活で心がけたい感染対策

新型コロナウイルス感染症の拡大がようやく収まりつつあり、日常生活が戻り始めていますが、冬は乾燥する季節。コロナの「第6波」だけでなく、風邪やインフルエンザなどにも備えておきたいものです。日常生活における感染症対策を、改めて確認しておきましょう。
NewsLetter2021_11_01.jpg
■感染防止の3つの基本

 コロナ感染拡大期間中だけでなく、普段から一人ひとりが心がけておくことは、①身体的距離の確保、②マスクの着用、③手洗いの3つ。出掛けるときはマスクを忘れずに、帰宅したら手洗いを徹底することで、コロナだけでなく、インフルエンザや風邪の予防にもつながります。また、体調がすぐれないときは、無理して出掛けないようにしましょう。
①ソーシャルディスタンス
 人との間隔は最低でも1メートル、できるだけ2メートル空けること
②マスクの着用
 外出するとき、人と会話するとき、十分な間隔がとれない時にはマスクを着用すること
③手洗い
 帰宅したときには、顔・手を洗う。手洗いは、手・指にしっかりと石鹸を付けて30秒かけて洗うこと(石鹸がないときには水だけで洗っても、菌・ウイルスの除去になります)。また外出先などでは、消毒薬(エタノールなど)を使ってこまめな消毒を心がける

■日常生活の3つの基本
 基本は「3密」(密集・密接・密閉)の回避です。先ほどの感染防止の3つの基本に加えて、外出する際には混雑する場所を避けて少ない人数(4人程度)で、外食するときは「感染防止対策認定店」を利用したりするなど、密を避けることを心がけましょう。
 自宅では、こまめな「換気」を忘れずに。エアコンには換気機能はありませんので、30分に1回・数分間(3分以上が望ましい)、風が通り抜けられるように対角線上の2カ所の窓を開けて、空気を入れ替えましょう。
 特にこれからは、寒さと乾燥が厳しくなるシーズン。①高性能の空気清浄機(加湿機能付きがおススメ)を利用する、②エアコン(暖房)は切らずに窓を開ける、③24時間換気機能(2時間で入れ替える設定)を利用する――など、状況に応じて換気の仕方を工夫することが大切です。

logo_only.jpg事前予約でお出かけも安心です

NewsLetter2021_11_03.jpg今、イベントや美術館などでは、事前予約や時間指定入場の仕組みが導入され始めています。コロナだけでなく、冬はインフルエンザも流行しますので、"密"を避けるためにもこれらの仕組みをうまく活用してみませんか? 

 行きたい施設やイベントでWeb事前予約・チケット販売を行っていれば、購入・予約サイトが設定されていますので、手順に従って人数や名前などを入力していけばOK。
支払いは、スマホ・カード決済が多いですが、コンビニエンスストアでの支払いができることもありますので、安心してください。当日は、発行される二次元バーコードを見せるたけなので、待ち時間もありません。

 ただ、「パソコンやスマートフォンで予約するのは難しい」という人もいますよね。施設ホームページでは、混雑予想時間帯やリアルタイムの混雑状況を紹介したりしています。予約ができなくても、こういったサービスを利用して混雑をうまく避け、お出かけを楽しみましょう!

logo_only.jpg簡単!一気にたためるエコバッグ

NewsLetter2021_11_04.jpgレジ袋が有料になって、買い物にエコバッグを持っていくことが当たり前になってきました。でも、このエコバッグをたたむのがちょっと面倒だと思いませんか? 

 もちろん、ボタンで留めたり、別袋に入れたり、コンパクトにまとめられるようになっているタイプもありますが、きれいにたたまないと留まらないし、入らないことも......。

 この蛇腹タイプのエコバッグは、両端をひっぱるだけで細長い長方形に大変身! 「どうやってたたむか?」と悩むことがありません。クルッと丸めて、ゴムバンドやボタンで留まる仕組みで、小さいタイプならポケットにも入ります!

☆サボテン2020 冬

写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます。
staff_blog_banner.jpg
サボテン

昨年に胴切りしたサボテンは、しっかりと根付いて6月には小吹きしている鉢もありました。
陽のあたる場所に置き、定期的に水をあげて毎日眺めていたのですが、ふと「大きくなったような気がする・・・」と思い、6月の写真と比べてみると、ずいぶん大きくなっていました。嬉しいものです。


☆サボテン2020

写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます。
staff_blog_banner.jpg
サボテンの小吹

2019年春、もともとは丸い形のサボテンが長く徒長してしまったので、3つに胴切りして新たに鉢に植えました。
そのサボテンは、こうなりました。

先端部分であったサボテンは、あまり変わらずそのままです。
真ん中部分であったサボテンは、上部の切り口がキュッとすぼまって、子サボテンが出てきました。小吹きというそうです。
根元部分であったサボテンは、日に焼けていて、元気がなさそうだったので、心配していたのですが、子サボテンが2つも小吹しました。

花は咲きませんでしたが、サボテンの生命力はすごいものですね。


☆春の訪れ

写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます。
staff_blog_banner.jpg
庭のつぼみ

今年の冬は、あまり雪が降らず積もらず、まさに暖冬でした。
ぽかぽかと温かな日がある一方で、3月に入ってからも何度も雪やあられが降りました。
三寒四温とはよく言ったもので、体調管理が難しい季節です。

4月を目前にして、庭のあちこちでつぼみがふくらんでいます。
牡丹、さざんか、木蓮、椿、姫リンゴ、ふきのとう、シンビジウム、しゃくなげ、君子蘭・・などなど
目に入るだけでも、たくさんのつぼみがふくらんできています。

今年の春は近所の公園でゆっくりとお花見することが出来ないので、庭の花々が咲くのをいつも以上に楽しみにしています。