こどもみらい住宅支援事業とは

画像をクリックすると大きな画像でご覧頂けます。

kodomomirai_1.jpg


こどもみらい住宅支援事業とは、子育て支援および2050年カーボンニュートラルの実現の観点から、子育て世帯や若者夫婦世帯の住宅取得への負担軽減を図り、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図る事業です。
子育て世帯や若者夫婦世帯が高い省エネ性能を有する住宅を取得することや、いずれの世帯でも省エネリフォームを施すこと等に対して補助金が交付されます。


  ※ 子育て世帯とは、申請時点において18歳未満の子(年齢は令和3年4月1日時点。すなわち平成15(2003)年4月2日以降出生)
を有する世帯。
  ※ 若者夫婦世帯とは、申請時点において夫婦であり、いずれかが39歳以下(年齢は令和3年4月1日時点。すなわち昭和56
(1981)年4月2日以降出生)の世帯。
  ※ 補助金の申請手続きは、登録事業者が行い、事業者から補助金の還元を受けることになります。
  ※ 本制度の内容は、変更の可能性もあります。最新の情報は国土交通省ホームページにてご確認ください。

■ 制度の対象となるのは ■

□ 注文住宅の新築 及び 新築分譲住宅の購入 □ 60万円から最大100万円

住宅の省エネ性能等に応じた金額が補助されます。
ただし、子育て世帯、または若者夫婦世帯が取得する場合に限ります。

  ① ZEH、Nearly ZEH、ZEH Ready又はZEH Oriented
  ② 高い省エネ性能等を有する住宅
   (認定長期優良住宅、認定低炭素住宅、性能向上計画認定住宅)
  ③ 一定の省エネ性能を有する住宅
   (断熱等性能等級4かつ一次エネルギー消費量等級4以上を満たす住宅)

□ リフォーム □ 5万円から最大60万円

実施する補助対象工事および発注者の属性等に応じた金額が補助されます。
いずれの世帯でも省エネリフォームを施すことで補助金が交付されます。

  ① 開口部(窓・ドア)の断熱改修
  ② 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
  ③ エコ住宅設備の設置
  ④ 子育て対応改修
  ⑤ 耐震改修
  ⑥ バリアフリー改修
  ⑦ 空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置
  ⑧ リフォーム瑕疵保険等への加入

※①~③のいずれかは必須工事です。④~⑧については、①~③のいずれかと同時に行う場合のみ補助の対象となります。また、申請する補助額の合計が5万円未満の工事は補助の対象になりません。

■ 対象となる期間 ■

□ 契約期間 □

2021年11月26日 ~ 遅くとも2023年3月31日までに工事請負契約・売買契約をおこなったもの※
ただし、新築③省エネ基準に適合する住宅は、2022年6月30日までに工事請負契約又は不動産売買契約を締結したものに限ります。

□ 建築着工 □

  事業者登録以降〜2022年10月31日

□ 補助金申請 □

  2022年3月28日 ~ 遅くとも2023年3月31日※

□ 完了報告 □

  新築:戸建住宅:〜2023年10月31日※

  リフォームは、2022年10⽉31⽇までに⼯事完了が必要となります。また、工事完成後に申請。

  ※予算執行状況により早まる場合が有ります



こどもみらい住宅支援事業の詳しい内容については 国土交通省ホームページ こちらから

kodomomirai_info.jpg

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

メニュー