■消費税が8%から10%に増税

2019年10月1日に消費税が8%から10%に増税されます。

住宅取得の際の消費税率は、住宅の「引き渡し時」の消費税率が適用されます。
つまり、「引き渡し」が消費税増税施行前の2019年9月30日以前だと消費税は8%で、「引き渡し」が2019年10月1日を過ぎると消費税は10%になります。

ただし例外があります。
住宅は契約から引渡しまで長期間を要する場合が多く、例えば注文住宅であれば数ヶ月かかるのが通常です。
一方で、引渡し時期により消費税率が変わるとなると、安心して契約を締結することができません。
このため、住宅については、半年前の指定日の前日(2019年3月31日)までに契約したものについては、仮に引渡しが税率引上げの基準日(2019年10月1日)以降になっても、引上げ前の税率(8%)を適用することとされています。
これを「経過措置」といいます。


経過措置

経過措置とは、法律が変わる時の不利益・不都合を減らすための政策のことです。

また、国は増税後にも住宅を取得しやすいように4つの支援策を打ち出しています。


国土交通省広告

1 住宅ローン減税の控除期間が3年延長
現行の控除期間を3年延長(10年→13年)
※詳細はこちらをご覧ください。

2 すまい給付金の増額、対象者も拡充
現行の最大給付額30万から50万に拡充
※詳細はこちらをご覧ください。

3 新たなポイント制度創設(次世代住宅ポイント制度)
新築最大35万相当、リフォーム最大30万相当
※詳細はこちらをご覧ください。

4 贈与税非課税枠の拡大
現行の最大非課税枠が1200万円から3000万円に拡大
※詳細はこちらをご覧ください。

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!