HM邸リフォーム ● TOTOリモデルスマイルコンテスト 受賞作品 ●

写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます。

リモデルスマイルコンテスト入賞作品

TOTOリモデルスマイル作品コンテスト 空間別部門 「バリアフリー&ユニバーサルデザイン」と「トイレ(住宅)」の二つのテーマにおいて 全国審査員奨励賞
「おばあちゃんと過ごす家族みんなの快適リフォーム」


□ リビング・ダイニング
ダイニングとキッチンを隔てる壁をオープンにしながら、キッチンとはセミ対面形式としました。
リフォーム前の部屋形状や窓位置などを考慮して、シンクを介しての対面ではなく、部屋での対面としながら、配膳などの作業効率を向上させています。
カウンター横に設置した手洗い器は、食事をする際の手洗いはもちろん、水割りなどの水補給にも役立っています。
施工前
L・D
施工前L・D
施工後
L・D
新L・D
お客様からのご要望もあり、収納スペースを十分に確保しました。
収納クロゼットはもちろん、出窓下空間や壁体内空間を利用して収納棚を設けています。
また、対面カウンターの上下に収納棚を設置すると共に、カウンターサイドのパソコン設置を考慮して、LANやケーブルTVの取り出し口などを配置しています。

この棚を構成するにあたり、角柱を銘木である「ムロ」の変木で提案しました。L・Dのシンボリック的なアクセントになると共に、お茶の先生をされるお施主様にとって、親しみ深い空間を構成しています。
施工前
L・D
施工前L・D
施工後
収納スペースの確保
収納スペース
□ キッチン
II[アイアイ]型のキッチン配置としながら、その通路と対面カウンターの利用で、配膳などの作業動線を円滑にしています。

キッチン奥は、洗濯室をかねた勝手口ホールにつながり、キッチンとの配置に考慮しました。
施工前
キッチン
施工前キッチン
施工後
キッチン
新しいキッチン
□ 多目的ホール
おばあちゃん室と向かいに位置するトイレとの間に多目的ホールを新設し、トイレへのアプローチや介助を容易にすると共に、リビングや2階への分岐点としながら、ハブ的空間として、車いすの扱いや動線上の動きを手助けしています。
施工前
トイレ前廊下
トイレ前廊下
施工後
多目的ホールの新設
多目的ホール
施工後
多目的ホールからの分岐
多目的ホールからの分岐多目的ホールからリビングやキッチンに向かう場合、3連引き戸の右を開口させるか、左を開口させるかでその行く先への開口を十分に確保すると共に、その分岐点には、メッセージボードなどが置けるような小棚を設置しました。
□ トイレ
90°回転させた事で、直接外気に接する事はなくなりましたが、隣接する勝手口ホールを介して採光できるように工夫しました。
また、直接外部に面しないので、トイレ自体冷えこむ事もなくなり、結果として良かったと思います。
施工前
トイレ
施工前トイレ
施工後
介護も容易な安心トイレ
安心トイレ
□ おばあちゃん室
おばあちゃん室の一部をピアノ室にしたいという要望もあり、可動壁によって区画しました。
オープンにすれば一体的に利用ができ、おばあちゃんはピアノ演奏を楽しみます。

また、多目的ホールを介したトイレは、おばあちゃん室から直線的にアプローチでき、その使用を容易にしています。
施工前
おばあちゃん室
施工前おばあちゃん室
施工後
おばあちゃん室
新おばあちゃん室
□ おばあちゃん専用玄関
専用玄関とシューズ収納を設ける事で、車いすでも外部への出入りが、十分容易に行えます。
リビングから庭に出るテラス戸の位置に、今回おばあちゃんの為の専用玄関を新設しました。
施工前
リビング テラス戸
リビングテラス戸
施工後
おばあちゃん専用玄関
専用玄関
□ 専用玄関への外部アプローチ
リビングのテラス戸前の外部スペースに、専用玄関を新設し、隣接するおばあちゃん室の出窓を撤去して、専用玄関までの外部導入路を設置しました。
もちろん外部導入路は、既存の軒と一体としながら庇を構成することで、雨や雪に配慮しています。

また、専用玄関からは車いすを考慮して、バリアフリーにすると共に、スロープには滑り止め対策を施しています。
施工前

HM_before-7.jpg
施工後
外部アプローチ
外部アプローチ

...

■ このリフォームの建築過程について・・・。


building_process_banner

...
お気軽にリフォーム実例レポートをご請求下さい。

HM邸リフォームレポート

リモデルのポイント
テーマ「トイレ(住宅)」
車いす生活のお母様のため、トイレの向きを変更して開口部を広げ、段差なしの3枚連動引き戸と、お母様の個室前に設けた多目的スペースにより、車いすでのアプローチを容易に。介助のしやすさにも配慮しました。

テーマ「バリアフリー&ユニバーサルデザイン」
車いす生活になったお母様のために、リビングの一角から出入りできる専用玄関を造り、外へとつながるスロープを設置。スロープには滑り止め加工を施し、雨雪対策用ルーフ、手すりなども完備しました。


審査員からのメッセージ
テーマ「トイレ(住宅)」
お母様の個室の前に多目的スペースを設け、トイレのドアに3枚連動引き戸を採用して車いすを使った転回行為やトイレでの介助行為をしやすくした点が秀逸。お母様は車いすでトイレへ直線的にアプローチでき、介助する人も安全に効率よくサポートできるように、きちんと配慮されています。

テーマ「バリアフリー&ユニバーサルデザイン」
既存玄関とは別に、車いす生活に対応したお母様専用の玄関を設置。リビングの一角から出入りする形にしたことで、LDやキッチンにいるご家族の目が届きやすく、きめ細かい介助もできるようになっています。外部通路のスロープには手すりを設置し、滑り止め加工など安全性にもきちんと気を配っています。

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!