2015年12月14日

■ハウジングスタイル建築設計って、どんな会社?

(株)ハウジングスタイル建築設計って???

(株)ハウジングスタイル建築設計は、「新村木材店」を母体とした住宅建築にかかる専門部門です。

(株)ハウジングスタイル建築設計による建築(新築やリフォーム)は、代表者である私(写真中央)を中心に少数のスタッフで業務を遂行しています。

staff-2.jpg専任者責任制で現在私が主に一つ一つの案件を監理しており、案件のボリュームにもよりますが、一度に数件の現場しか見られません。
しかし、一つ一つを丁寧に納得がいく仕事として大切に完成させるためには、この方法が一番良いと考えています。
完成した仕事に満足いただき、一度依頼されたお施主様とは信頼関係が生まれ、リピートによる依頼が多いのも事実ですし、これが弊社の強みであり、誇りです。

 また、スタッフは少ないですが、建築にあたる専門協力業者は多く、チームとして良い関係が築け、私も含め、お互いがお互いの持つ技能や実績に尊敬の念を持っています。
一級建築士として工事の全般を、責任を持って見ていますが、大工さんが持つ技術や、細部における職人ならではの見識や知識などはすばらしいものがあります。個々の職人さんの意見に耳を傾け、チーム一丸としてより良い満足のいく住宅を完成させています。 
 スタッフが少ないからこそ、そこにかかる経費も少なくてすみます。仕入れにかかる費用などは、昨今のネット環境において、請負業者の規模にかかわらず誰が行っても差違はありませんが、人件費や広告宣伝費、会社維持費などは、会社の規模に大きく関わってきます。

 また、営業や設計、仕入れなど、各担当に分かれた組織は住宅などの小規模建築の場合かえって不都合だと考えます。弊社では、一つの現場に、一人の担当者が、お施主様との窓口となり、見積に責任を持ち、構造をはじめとする住宅建築に精通し、トータルで現場を監理し、すぐに計画変更などに対応ができる正確さと迅速性を持つことが大切だと考えています。つまり、

全てを見通せる担当者と、それを支える職人集団!これが価格を抑えたより良質な住宅ができる秘訣です。

そして、より良い住宅を造りを続けて行くことこそが、弊社の思いです。

 また、万が一の瑕疵の場合でも、弊社においては、リフォームや新築における各種保険に加入しており安心です。しかし、今までに、これらの保険が必要になったことはありません。