2008年03月29日

ハウジングスタイル建築設計への資料請求・予約・お問い合せ

■お電話でのお問い合せ
℡0120-31098-5 (「ざいもくやGo!」と覚えてください)
へ、お願いいたします。
注:一般電話からのみの通話になります。恐れ入りますが、携帯電話・PHSからのお客さまは、076-432-6841にお願いいたします。

■インターネットでの資料請求・お問い合せ
資料請求・見学希望・弊社へのお問い合せは、下記のフォームに入力をお願いいたします。
尚、資料請求や見学希望の場合は、下記フォーム チェック欄の必要箇所にチェックをお願いいたします。
恐れ入りますが、資料請求に関しましては、富山県内の方に限らせていただいております。

(しつこい訪問営業や電話営業などは一切行っておりません。お気軽にお問い合せ下さい。)
印は必須入力です。そのほか、書ける範囲でご記入ください。

お名前
(例:新村 太郎)
フリガナ
(例:シンムラ タロウ)全角カナでご記入ください。
郵便番号 (例:9300024)半角数字のみでご記入ください。
都道府県
ご住所
(例:富山市新川原町5-5)
電話番号
(例:076-432-6841)
メールアドレス
見学会参加 K邸リフォームの見学を希望します。 
HT邸リフォームの見学を希望します。 
資料請求
(リフォーム実例レポート)
リフォーム実例レポート(全て)を希望します。 
一部の場合など、希望邸がある場合は、「ご要望事項」にその旨お書き下さい。
ご要望事項
(お気軽に お書き下さい)

2008年03月16日

K 邸 リフォーム ● TOTOリモデルスマイルコンテスト 受賞作品 ●

写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます。

リモデルスマイルコンテスト入賞作品

TOTOリモデルスマイル作品コンテスト 便利にすまう部門 全国優秀賞
「おばあちゃんを包む快適な安心住空間」

従来の狭小出入り口に対し、3連引戸による玄関への出入り口で、車いすでも楽々に往来できます。
施工前 寝室
右奥で玄関に接続
施工前 寝室
施工後
介護ルームと玄関が一直線上に連続
介護ルーム施工後
トイレユニット利用時、フリーゾーンからのアプローチにより、効率的なサポートが可能。その他にも、多目的な利用が可能です。
施工前
閉鎖的な空間
施工前 寝室
施工後
便所へのアプローチも容易に
フリーゾーンの多目的利用
天井高も高く、開放的な空間になりました。
天窓による採光はもちろん、部屋の換気にも十分配慮しました。(24時間換気)
また、火災報知器も忘れずに設置!
施工前
薄暗い無窓居室
施工前 寝室
施工後
トップライトで積極的な採光
施工後 トップライト
 
-笑顔が生まれるリフォーム提案-

幸せリフォームの実例として、すみずみまで見学していただけます。
また、リフォームによる「変化」がわかる実例です。
使い勝手の良さや、心地よさを実感していただけますので、ぜひご覧ください。
  ( 見学希望の方は、完全予約制ですので、問い合せフォーム にてご連絡下さい。)

<部屋の概略説明>
フリーゾーン:トイレユニット利用時の支援、車いすの転回スペースほか。
3枚引戸付トイレユニット:手摺り・背もたれ付便所、シャワー、呼び出しベル、暖房パネル、収納キャビネットなどを完備。
多目的スペース:食事や着替えなど自由に利用。

<トイレユニット内部の紹介>
手スリ付便座やキャビネットの他、壁付手スリ・シャワー・給湯器リモコン・便座リモコン・呼び出しインターホン・パネルヒーターなどを使用者に合わせて設置。
清掃性にすぐれ、常に清潔に保てるため、トイレといってもにおいは全く気にならず、非常にきれいで快適です。

写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます。 幸せリフォームモデル

水廻りの寝室との連動 水廻りの寝室との連動

介護リフォームにおける住環境の改善ポイントについて考察してみました。
詳細は下線部分をクリックして下さい。


...  
-耐震補強工事-


(この事例では、弊社で、耐震診断を行い、木造住宅耐震支援事業として公的補助を受ける事ができました。)

耐震 基礎工事
耐震 基礎工事リフォームにともない、耐震補強工事を行いました。
このK邸リフォームの場合、基礎は一体基礎として、追加基礎補強をしました。
筋交い耐震壁の一部
筋交耐震壁筋交いにより、耐震壁を構築。
筋交い耐震壁の一部
筋交耐震壁

耐震 補強金物
補強金物金物による補強工事。
写真は、筋交いプレートとホールダウンコーナー金物です。

その他、耐震補強に際し、瓦による重量屋根から、鋼板による軽量屋根に変更しました。



...
■お気軽にリフォーム実例レポートをご請求下さい。

K邸リフォームレポート

リモデルのポイント
車いす生活となったお祖母様のために、ご本人や介護するご家族に配慮した生活空間をご提案。
寝室を拠点としながら、玄関や店舗などのパブリックなエリアと、寝室やトイレなどのプライベートなエリアとを、フリーゾーンを中心に配置しました。2階への階段を寝室内へ取込むことにより,お祖母様が2階への往来に気を配れ、また廊下幅の確保によって車いすによる客間へのアプローチを容易にしました。


審査員からのメッセージ
各居室や水まわりの中心部にスムーズに転回できるフリーゾーンを設け、車いすでの移動や介助のしやすい動線としています。寝室へは2つの動線が確保され、別の場所への移動もスムーズ。その寝室は水まわりが隣接しており使いやすく、食事や語らいなど室内の用途も多彩にしています。
あえて寝室を個室化せず、階段を室内に取り込むことで、他の方との触れ合いに配慮する案も、新鮮です。

2008年03月13日

H 邸 リフォーム ● TOTOリモデルスマイルコンテスト 受賞作品 ●

写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます。

リモデルスマイルコンテスト入賞作品

TOTOリモデルスマイル作品コンテスト 楽しくつどう部門 全国優秀賞
「おじいちゃん・おばあちゃんを囲む、楽しい温かな空間」

施工前
流し台式キッチン
キッチン施工前
キッチン施工後
小上がりを使った対面式
キッチン施工後
歩行器へも楽々移乗
起立補助段差 おじいちゃんは、小上がりの段差を使って楽に歩行器へ移乗します。

この場合、おじいちゃんにとって段差は、重要な役割を果たします。おじいちゃんの座位高を検討し、最適な段差で小上がりを作りました。

この「段差」は、全ての場合に当てはまるわけではありませんが、「意味のある段差」とする、一つのリフォーム形態です。
施工前外観 玄関側
施工前外観 玄関側
施工後外観 玄関側
施工後外観 玄関側
パソコンによる外観の事前検討
CGでの事前検討施工前、パソコンで外観などの事前検討を行いました。

施工後の最終形態と、施工前のパソコン予想画像とを比較検証したところ、ほぼ一致しており、パソコン検討の有効性がよく分かります。
施工前外観 東部分
施工前外観 東部分
施工後外観 東部分
施工後外観 東部分

...
■お気軽にリフォーム実例レポートをご請求下さい。

H邸リフォームレポート

プランニングのポイント
年齢が進むにつれて足腰の負担を痛感し始め、姿勢移動に負担を感じるようになったため、居室や水まわりをリモデル。座っての生活が主となる畳敷きの居室と、立ち作業が主となるキッチンとを、対面カウンターを介して連続させました。ダイニングやリビングを兼ねる畳敷きの居室は小上がり式。ゾーン全体に立式、いす式、座式のそれぞれのよさを取り入れることで、高齢者の生活支援に配慮した、家族全員が楽しく過ごせる暖かな空間となりました。


審査員からのメッセージ
どのような空間にすると高齢者が生活しやすいかが子細に検討され、小さいながら魅力ある空間へと変貌しました。
キッチンと和室を結ぶフリーゾーンの存在が、移動の際に無理なく姿勢を変えられる場所として機能しています。
和室は小上がりになっており、畳に腰掛けたままフローリング床に足をつけられ、姿勢の保持に有効です。
小上がりの中央には堀り込みが設けられており、足を伸ばせるため長時間でも楽に座っていられます。

T 邸 リフォーム

写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます。

■ 倉の再生

かなり損傷していた倉は、工房として、よみがえりました。
施工前
 外観
施工前 外観
施工後
倉は工房として再生
新倉工房
倉としての威厳を保ちながら、新しい倉として再生させました。
施工前
倉の外観
倉の外観
施工後
倉の新外観
倉の新外観
既存の構造体を生かしながら、躯体や基礎に補強を施し、倉としての機能や重厚感を損なわないように、リフォームしました。
倉再生の新しい提案です。
施工前
母家側外観
母家側外観
施工後
工房部分の外観
工房外観
泥壁が落ち、損傷が激しい室内でしたが、既存の桁や梁を生かし、構造用合板で補強しながら、室内仕上げとしました。
施工前
室内
施工前 室内
施工後
既存梁を生かした室内
施工後 室内

...
-パソコンでの事前検討-

施工前、倉再生と新工房へのリフォームに際し、外観の事前検討を行った時の、パソコン画像です。
施工後の予想外観
施工後CG
施工後の予想外観
施工後CG
施工後の予想外観
施工後CG
施工後の予想外観
施工後CG

2008年03月12日

S 邸 リフォーム

写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます。

■ ライトスルーキャビネットのシステムキッチン

前面に大きな窓があり、収納空間が無く不便であったが、前面からの採光を極力遮断することなく、キャビネットを設置することができ、収納も確保できた。
施工前
キッチン
施工前キッチン
施工後
ウォールキャビネットに外光が透る
施工後キッチン
パソコンによる内観の事前検討
CGでの事前検討

施工前、パソコンで内観の事前検討を行いました。
出窓による前面開口とライトスルーキャビネットとの取合いを検討しました。


2008年03月11日

リフォーム工事の流れ

リフォーム相談
相談風景

ちょっと聞いてみるんだけど、・・・」と言った会話から、皆さんとのお付合いが始まります。私たちは、この時の出会いを大切にし、安心して相談していただけるように、お客様も私たちも、雑談を交えながら、十分な会話を楽しめるように心がけております。


工事の流れ
現地調査

お客様の望まれるリフォーム内容や、工事内容、漠然とした要望事項などを、先ほどの会話から詳細に聞取り、合わせて現地の調査を綿密に行いながら、住まいの状況を確認させていただきます。


工事の流れ
企画/プラン立案
検討用図面

ご要望される内容に合わせて、リフォームプランの提案をさせていただきます。
この時、機器類の選定も行い、十分なやり取りの後、お客様の生活スタイルやストーリーを考慮した、最適なプランの立案を行います。私たちは、お客様がご納得されるまで、何度でもプラン変更を行い十分な検討を重ねます。これにより、後々のトラブルが解消されると共に、お客様が十分な満足を得ることが可能になります。
必要に応じて、耐震計画案を盛り込み、耐震助成などの情報も含めた提案を行っております。


工事の流れ
見積提示
検討用画像

ご要望事項の整理も兼ねて、図面やパソコン画像、あるいはプレゼンテーションボードなど、わかりやすい資料で確認しながら、見積書の提示とその説明を行います。
この時点で、生活スタイルや、生活ストーリーにもれのないことを確認し、コスト面を考慮しながら、最終的な要望事項を決定します。


工事の流れ
契約

お客様が、ご納得される状態になってはじめて、本契約を締結させていただきます。


工事の流れ
工事着工

いよいよ工事の着工です。施工者の挨拶はもちろん、着工に際しご近所様への挨拶を行い、必要に応じ仮設キッチンなどの準備も行います。既存部分の養生などもしっかり行い、気持ちの良い工事開始に努めます。


工事の流れ
工事中

工事中は、調査段階からの担当者が工事の進捗と内容を監理し、その日その日の工事状況を、お客様にご説明いたします。突発的な事柄が発生した場合は、ご相談、協議のうえ最善策を講じると共に、計画変更には見積変更を含めて柔軟に対処したいと考えております。


工事の流れ
完了検査

工事完了時には、図面による内容の確認と、動作確認を行います。
養生撤去後は、既存部分の確認も行い、施工前状態に復元いたします。


工事の流れ
完成/引渡し

いよいよお客様への引渡しです。工事最終確認書や機器などのマニュアルと共にリフォーム完了現場の引渡しになります。お客様の、新しいストーリーの始まりです。


工事の流れ
アフター/メンテナンス

この時から、新たなお付合いの始まりです。
末永くお使いいただくために、ちょっとしたことでも気軽に質問していただいております。また、使用中に万が一不具合が発生した場合は、早急に対処させていただいております。これを、新村木材店のモットーとしております。


I 邸 リフォーム  ● TOTOリモデルスマイルコンテスト 受賞作品 ●

写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます。

リモデルスマイルコンテスト入賞作品

TOTOリモデルスマイル作品コンテスト 北陸ブロック賞
「家族が自然に集まる談笑空間」
■ 座って調理 対面カウンターキッチン

明るいキッチンで、対面式にすると共に、シンク前はイスにこしかけて調理ができるように配慮しました。
施工前
キッチン 窓に面した流し台
施工前流し台
施工後
シンク前は、いすに座って楽々調理
施工後対面キッチン
施工後
開放的な対面キッチン
施工後対面キッチン
施工後
対面式キッチンでワイワイ調理
施工後対面キッチン
明るく開放的なリビングにしました。
施工前
手狭になったリビング
施工前リビング
施工後
リビングを広々すっきり
施工後リビング
施工前
建物外観
施工前外観
施工後
建物外観を新しくリニューアル
施工後外観
施工前、パソコンで外観などの事前検討を行いました。
パソコンによる外観の事前検討
施工後外観CG